; こだわり


基本方針以外に4つ掲げます。


まず第1に経営理念 これは私達の存在意義です。
自分たちのチカラは何に変えられるか?自分たちには何ができるか?

そして第2に創業の心
これは経営理念を支え続ける元となるモノを掲げようと思ってます。

次に3つめに基本方針
これは私達の目指すべき理想の姿
毎日の中の仕事で努力をし続ける姿勢を失わないでほしいという願いを込めました。なので努力しよう!に あえてとどめたつもりです。

4つめに経営ビジョン
これは私達の目指すべき目標です。
ここで味のことや手作りのことを始めて語ることになると思います。 この4つが相まって大津家全スタッフの心になるように頑張ります。


経営理念 (私達の存在意義)

「追求」
私達は美味しい商品をより多くのお客様に提供して社会貢献をします。
私達はどこにも負けない味を求めて、 試行錯誤をやめません。 私達はお客様に満足してもらうためには どうすればいいかを考え続けます。

創業の心 (私達の志、想い)
「美味しい物を食べてる時は何より人が幸せな時間だ」
一度の人生を全うするなら替えの効かない人間になるべきだ。そして人に感謝されるべきだ。 自分が努力して作った作品(ラーメン)をお客様が召し上がって「美味い!」と言ってくれた時、 どれだけ嬉しいことか。何事にも探究心を持って お客様を最大限に満足してもらいます。 ラーメンは味の安定の特に難しい料理。 食材の特性を理解し、細かな味の変化にも敏感に気がつき、理にかなった仕事をします。

基本方針 (私達の理想の姿)
お客様に喜んでもらえるためにはどうすれば良いか?を常に全員が考えて行動し、誠実な人柄と人間味溢れる親切な対応をする。 活気に溢れた清潔な店内 誰にも負けない美味しい商品と「また来よう」と思ってもらえる接客で 最高のパフォーマンスが出来る人に なれるように努力しよう。 私達はこの理想を持ち続け、どの店舗で誰が対応しても気持ちの良いお店であるようにします。

経営ビジョン (私達の目指すべき目標)
「人間力全開」
当たり前のことを当たり前にやろう。 元気な挨拶。掛け声。規律を乱さない。体調管理。約束を守る。仲間を想う。清潔な身だしなみ。清潔な店内。嘘をつかない。 技術の何もいらない事、普段の生活にちなんだこと、出来たら良いに決まってることは 出来る人間になろう。


スープ

大津本店…創業以来変わらぬ製法。 濃厚かつコクのあるまろやかなスープ。 クリーミーで甘みを感じられるものの後味しつこくなくスッキリ召し上がれます。
金沢文庫店… 大量の豚ゲンコツと背ガラを強火で煮出した正統派スープ。

たれ

家系特有の濃口ダレ。この濃いタレとエキスが全面に出た、 濃厚でありながらくどさのないスープが合わさると、絶妙な甘み溢れるスープが生まれます。数ある家系ラーメン店の中でも当店は、突出した味を提供する絶対の自信があります。

麺

当社直営の「飯島製麺所」で製造。 当店のスープに一番合うよう何度も試作を繰り返しました。 粉の種類、加水率、太さ、コシ、全てにおいてどのようなゆで加減でもスープに良く合います。

野菜

トッピングで使用しているキャベツは、甘みが非常にあると常連様にも好評いただいております。 長ネギもしゃきしゃきしておりスープに浮かぶ薬味ネギも好評をいただいております。

kodawarisub

当店の食材は世間一般でいう特に高級な食材は使用しておりません。 高い食材をふんだんに使いおいしいものを作るのは真の職人とはいえないと考えています。 なかには食材の良しあしが味を大きく左右する料理もあるかとは思いますが、 豚骨ラーメンはそれに該当はしません。断言します「100%技術です」。
一般に流通する食材でお客様に手頃な価格で提供する。 価格に大きく寄与することも社会貢献だと思います。 いくらおいしくても一杯千円も千五百円もしてはなかなか食べることは出来ません。 価格も極力据え置きで提供できるよう企業努力いたします。

Copyright Ootsuya 631 Co., Ltd. All Rights Reserved.